女性研究者 -Vol.4- 工学部 エネルギー化学科


- 女性研究者

物質の世界には不思議がいっぱい宝の山に向かっている気分です!

工学部 エネルギー化学科
江場 宏美 准教授
立教女学院高等学校卒業 → 東京理科大学理学部第一部化学科卒業 → 東京工業大学大学院総合理工学研究科材料科学専攻博士後期課程修了 → 科学技術庁金属材料技術研究所(独立行政法人化により物質・材料研究機構)研究員を経て現職/東京都出身

物体の性質や化学反応の研究

物質のなり立ちや反応を調べる化学の研究をしています。原子のはたらきや化学結合の形成、物質の状態や性質などを、様々な工夫をしながら観察しています。スクラップ鉄と二酸化炭素を活用してクリーンエネルギー水素を取り出す反応の研究や、X線を使って粘土鉱物の構造や状態を分析し、環境汚染物質を吸着させる研究などをしています。物質の世界をのぞくと、不思議な現象や予想外のことが起き、難しいと思うことも多いですが、新しい活用法を見つけることなどができるので、毎日宝の山に向かっている気分です。

素材である物質に興味

高校時代、身のまわりにあふれる様々な物を見て、素材である「物質」に関心を持ち、「どんな元素が集まって色や硬さを作っているのだろう」と、物質についてもっと知りたいと思ったことが化学を専攻するきっかけになりました。化学の面白さは「見えなかったことが見えてくること」。物質に働きかけてどんな返事が返って来るかを調べていくと、少しずつ性質や姿が見えてきます。真実はただ一つ。謎が解けて自然界のしくみが見えた瞬間は、まるで状況証拠がつながって事件が解決したミステリーのように楽しいです。

めげずに挑戦!

大学院終了後は、身分の不安定なポスドクではなく、公的な研究機関の正規研究者になりたいと考え、在学中に国家公務員I 種試験を受けて国の研究所に入る資格を手に入れました。しかし人前で自己主張することがあまり得意ではなく、控えめな態度を美徳(?)としていたため(今の姿からは想像できないという声が聞こえてきそうですが)、某研究所を訪問した際には相手にされず、これでは到底採用には至らないと知りました。それ以降、面接の場面などで積極的なアピールを心がけた結果、採用してもらうことができました。

Work Style

現在は、息子たちの運動部での活動写真を撮るのが趣味のようになっています。だんだん迷惑がられてきているような気もしないでもないですが、次男の駅伝大会や三男の野球の試合に一眼レフカメラ+望遠レンズを持って行き、「追っかけ」をしています。

最近「庭いじり」にはまっています。肥料は生ごみからの自家製で、作物の成長が良いように思います。ミニトマトは夏~秋の間、お弁当に重宝しました。草餅を作りたくて現在ヨモギに挑戦中。庭の隅に次男が掘った池があり、周りにきれいな石を並べてみたり、多摩川で捕った魚を入れてみたり。魚が全滅してしまい不思議に思っていたところ、ザリガニが出て来てビックリ・・・なんてことも。池にも四季があり楽しいです。

あなたの夢は何でしょうか。自分の人生は、将来は、どうしたい、どうなりたいと思っていますか。夢を目標にして、ぜひ挑戦してください。挑戦する前にあきらめてはいけません。自分の力はこの程度かな、などと自分で限界を決めることはありません。どんな人生を送りたいか、常に強い意志をもって、そのためにはどうしたらよいかをよく考え、努力することが大切です。努力は必ず報われます。幸せな未来に向けて、どうか頑張ってください。

 

女性研究者・社会で輝く卒業生たち