卒業生 -Vol.2- 工学部 機械システム工学科


- 社会で輝く卒業生たち

工学部 機械システム工学科
一之瀬 法子 さん

勤務先

全日本空輸株式会社 整備センター 機体事業室 機体計画部 フリート計画チーム

出身学部

2007年 武蔵工業大学 工学部 機械システム工学科 卒業

現在の仕事内容

航空機の整備計画を作成する部署で、主に格納庫で数週間にわたって行われる整備の計画を担当しています。時間管理されている部品の点検・交換計画やメーカーからの技術改修、自社独自の客室等の改修など、様々な要素を考慮し工期や工数を見積ります。そして実際に計画通り作業が行われたかレビューを行い、何十機もの機体の整備計画を作成していきます。安全な飛行機をお客様に提供する為に、いかに効率よく整備計画ができるかを常に考えながらの業務なので、多くの部署と連携を取りながら、広い視野を持って業務に取り組むことが大変でもあり、やりがいです。

職業を選択したきっかけ

高校生の時に初めて飛行機に乗り、その時に機体に手を振りながら見送る整備士の姿をみて、「かっこいい!私もあんな風に仕事をしてみたい!」と単純に思ったことがきっかけです。当時、高校の先生にその話をすると、先生の知人で航空会社の整備士の方を紹介していただきお話を伺う機会を作ってくださり、さらに興味がわきました。女性が整備士というと驚かれる方もいましたが、どちらかというと理系教科の方が得意で体を動かす事が大好きだったので、力仕事である飛行機の整備に魅力を感じました。

夢の実現に向けて努力したこと

とにかくいろいろ調べました。まず航空機の整備士になるためにはどうしたらいいのかを調べ、大学の進学を決めました。そしてどうしたら航空会社に入れるのか、様々な大学の卒業生の就職状況やどんな勉強をしたら良いのか等を調べたり聞いたりして、自分にできること、得意とすることで強みになることをいろいろ増やしながら、高校、大学時代を過ごしていました。

Work Style

私の趣味

お庭作りと家庭菜園を最近始めました。子供が砂遊びが好きで、お庭に砂場があったら楽しいのでは!と主人と奮闘。2ヶ月近くかけて、初心者ながらもなんとかそれなりの砂場が完成し、とても重宝しています。砂場の次は家庭菜園。この夏、人参を育てたらとても美味しく育ちました。

都市大を選んでよかったこと

就職に強いことです。学校のサポートにより、企業の方からお話を伺う機会があったり、アメリカンフットボール部のマネージャーをしていたことから、OB に相談にのってもらうこともありました。多くの先輩から様々な企業の話を聞く事ができ、進路を考える際に大変役に立ちました。

自分の好きな事や目標にすることを一途に追い求めていけば、必ず扉は開けると私は信じています。たとえ目標が明確なものでは無かったとしても、自分がどのような生き方をして行きたいかを頭の片隅に置いておく事でいろんな選択肢が見えてくるかもしれません。様々な事に挑戦する勇気を持ち、目標を達成するための努力を惜しむことなく楽しみながら頑張っていただきたいと思います。

女性研究者・社会で輝く卒業生たち