卒業生 -Vol.13- 都市生活学部 都市生活学科


- 社会で輝く卒業生たち

都市生活学部 都市生活学科
近藤 奈穂 さん

勤務先

日立キャピタル株式会社 法人事業本部 社会・産業営業部

出身学部

2013年 東京都市大学 都市生活学部 都市生活学科 卒業

現在の仕事内容

現在、某大手物流会社を担当顧客に持ち、ファイナンスサービスの営業をしています。主に、リース事業( お客様の希望をする物件を購入し、お客様に長期間賃貸する取引) の対応をしており、倉庫や倉庫内設備の大きなものから、パソコン等の情報機器等まで貸すことをしてます。お客様の決算に大きく関わる仕事をさせて頂いていることがやりがいの一つですが、何より、お客様に会って、ニーズを伺い、お客様の課題の解決策となる提案をさせて頂き、喜んでもらえることがやりがいとなっています。

職業を選択したきっかけ

大学で勉強した都市開発に関わる仕事に就きたいと思い、就職活動を行いました。最初は、ディベロッパーや鉄道会社に就職することをめざしていましたが、研究室でプロジェクトマネジメントを学び、事業収支計画に興味を持ちました。プロジェクトには必ずお金が関わることから、金融の知識を習得したいと思うようになり、建物の開発を金融サイドから携わることの出来る会社に興味を持ちました。現在の会社に入社を決めたのは、就職の面接を繰り返す中、会社の雰囲気がとても良いと感じたことが理由です。

夢の実現に向けて努力したこと

仕事の幅をより広げることができるよう、宅地建物取引士の資格を取得しました。資格取得を志したときに課題となったことは、勉強時間の確保でした。仕事と勉強の両立は難しく、仕事に支障が起きないよう、朝と夜の時間を有効に活用し、勉強の時間を確保しました。仕事が忙しく、辛いときも多々ありましたが、資格取得したときに自分の成果が報われたような気がしました。今後も勉強の習慣を維持し、この資格のみならず、より会社に貢献できるよう努力を重ねたいと思います。

Work Style

20代のうちにやっておくべきこと

色々な経験をして、一杯勉強することです。勉強、サークル、プロジェクト、アルバイトと多忙でしたが、大学の先生や仲間たちと、充実した日々を過ごすことが出来ました。仕事を始めると時間が作れなくなります。学生でないと出来ないことも沢山あります。時間の有効活用を心掛けてください。

都市大を選んでよかったこと

医療を志していた時、自身の視野の狭さに失望し、もっと世の中を学び、あらゆる問題に対し、自力で解決策を見出せる人になりたいという思いが強まり、兄から紹介された都市生活学部の受験を決めました。ここでは語り尽くせない位、この学部を選択してよかったと思っています。

「新しいことにどんどん挑戦させてくれ、教授も一緒になって応援してくれる。」都市生活学部にはそんな環境があります。私も、スポーツサークルを一から立ち上げたり、産官学共同プロジェクトで「山形県庄内地方の名産品” 庄内柿”を使って新商品の開発をし、街の活性化へ貢献」したり、「江東区にLRT※を走らせ、街の利便性や賑わいづくりを区へ提案」したり、この学部でしかできないことを沢山経験しました。大学生活を楽しく、充実したものにしてください。

※LRT 次世代型路面電車

 

女性研究者・社会で輝く卒業生たち