2014年3月7日(金)小川順子先生の最終講義を開催しました

男女共同参画室の前身である、
女性研究者支援室室長を務められた小川順子先生の最終講義を開催いたしました。


小川順子先生は、事業実施中の3年間、
女性研究者の支援活動および理工系女子学生増大にむけての取り組みに
室長としてご尽力くださり、事業実施後は、工学部原子力安全工学科において、
学生指導に取り組まれるとともに、原子力学会男女共同参画委員長、
学協会男女共同参画副委員長、女子高校生夏の学校実行委員長を歴任され、
男女共同参画推進に向けた取り組みを行っていらっしゃいました。


最終講義は「男女共同参画と原子力」というテーマで小川先生の
豊富なご経験を踏まえてお話をいただきました。


世界的にみると日本はまだまだ男女共同参画に後れを取っているのが現状です。
小川先生がこれまでに積み上げて下さったものをより良い形にし、
更に発展できるよう男女共同参画室は一層努力して参ります。


小川先生、これまで本当にありがとうございました。
これからのご活躍をお祈りしております。