2013年11月11日(月)女性研究者研究活動支援事業シンポジウム2013-世界で活躍できる理系女性研究者の育成-

2013年11月11日(月)に文部科学省主催
「女性研究者研究活動支援事業シンポジウム2013-世界で活躍できる理系女性研究者の育成-」がTKP市ヶ谷カンファレンスセンターで開催されました。

本シンポジウムは平成18年開始された文科省女性研究者支援モデル育成事業の進捗情報と、
事業終了後の女性研究者研究活動支援事業により得られた成果を検証するとともに課題解決のための今後の方策を模索するため、
実施機関によるポスター発表・グループ討議及び有識者によるパネルディスカッションを行うものです。

本学の北澤宏一学長が「参加することと継続すること-そのためのしかけ」というタイトルで特別講演をされました。

北澤学長は、「女性の社会進出先進国に学び、女性が参加し、継続できる環境を整えることが大切。」と述べました。

また、男女共同参画室からはポスター発表と工学系機関として分科会に参加しました。