女子中高校生夏の学校に参加しました


国立女性教育会館で女子中高校生夏の学校が開催されました。


原子力安全工学科小川准教授や本学女性卒業生が参加し、理系選択の人生における様々な情報を提供しました。


その一つとして、昨年度、女性研究者支援室(現・男女共同参画室)が行った女性卒業生へのアンケート結果から、本学の理系出身者が職業生活の中においても、高い目的意識をもって働いているということについてお話しました。