科学実験教室を開催しました(世田谷)

世田谷地区の小学校5・6年生、約40名の子供たちを対象に科学実験教室を開催しました。

繋がっていないのに音が聞こえるという相互誘導を体験する実験です。

2時間中1時間以上はプラスチック製の試験管に導線を巻きます。この作業ができないと本番の実験が出来ません。耐えて、耐えて巻き続けます。私たちも耐えます。

コイルが巻かれたものも売ってはいますが、ここが大切だと思っています。しかし、40名の子供たちの進み具合はまちまちで、肝心の実験が終了間際になる子供も出てきます。

子供達の芽を摘んでしまわないように、そこをいかに丁寧に対応するかが大切だと思っています。

黙々と巻く子、途中で少し飽きてしまった子、保護者と共同でスルスル巻く子など色々です。しかし、巻き終わった後、イヤホーンから音が聞こえた喜びはひとしおだったようです。