お知らせ

第24回(2019年度)「日本女性科学者の会奨励賞」募集開始のお知らせ

一般社団法人 日本女性科学者の会より、第24回「日本女性科学者の会奨励賞」募集開始のお知らせがありましたので、ご案内致します。

日本女性科学者の会は、1958年に設立され、本年創立60周年を迎えます。一貫して、科学技術の分野において、女性と男性が共に個性と能力を発揮できる環境づくり・ネットワークづくりと社会貢献を目指して活動しており、2014年4月から一般社団法人となり、より社会に貢献できる体制づくりにも取り組んでおります。

会員は、理学、工学、医学、薬学、農学等を専攻する大学、研究機関などに所属する研究者および企業の研究者・技術者で、幅広い科学・技術分野をカバーし、男性研究者・技術者も活動に参加しています。

日本女性科学者の会奨励賞は、広く理系の分野において研究業績をあげ、その将来性を期待できる方で、かつ本会の目的に賛同し、その達成のために努力していると認められる本会会員(応募と同時の入会可、男女を問わない)に対し、今後の活動を奨励するために設けられた賞で、今回24回となります。女性研究者のプロモーションにも貢献しております。

第24回(2019年度)日本女性科学者の会奨励賞募集要項

【対象者】
広く理系の分野において研究業績をあげ、その将来性を期待できる方で、かつ本会の趣旨に賛同し、その達成のために努力していると認められる本会正会員および学生会員を対象とします。特に年齢、国籍、性別は問いませんが、管理職(教授、部長等)にある方はご遠慮下さい。自薦・他薦は問いません。
※応募と同時に入会申し込みも受け付けます。詳細はSJWS事務関係「入会案内」の項目をご覧下さい。

【奨励賞】
表彰楯および副賞20万円(年1-3件)
本会総会(例年5月)において贈呈

【応募期間】
2018年11月1日(木)〜20日(火)必着

※募集要項及び応募書類はこちらをご覧ください
日本女性科学者の会奨励賞受賞者一覧

【御礼】世田谷オープンキャンパス・女子ランチ相談会ご参加ありがとうございました

8月3日(金)・4日(土)の二日間、東京都市大学オープンキャンパス(世田谷キャンパス)にて、理工系女子応援企画『女子ランチ相談会』を開催致しました。
厳しい暑さの中、多くの女子高校生やご家族の皆様にお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。心より御礼申し上げます。

志望学科を決めていて、勉強法や受験について知りたいという方、
学科は絞れていないけれど、工学系に興味があり、どんなことを学ぶのか知りたいという方、
忙しい理工系でもバイトやサークル活動の時間はあるのか、と学校生活を知りたいという方、
質問内容は様々でしたが、皆さんとても熱心で、時間を忘れて話し込む姿も見られました。

ご来校いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

世田谷オープンキャンパス・女子ランチ相談会開催のお知らせ

昨年、一昨年と実施して好評だった、理工系女子応援企画『女子ランチ相談会』を本年度も世田谷キャンパスオープンキャンパスにて、開催いたします!

今年は、8月3日(金)、4日(土)の二日間。
工学部・知識工学部から、各学科の現役女子学生が参加し、女子高校生や保護者の皆様からの疑問・質問にお答えします。 学科のこと、受験のこと、進路のことだけでなく、一人暮らし、バイトのことなど、学生生活で気になることもお気軽にお聞きください。
本学自慢の美味しいランチを食べながら、楽しく、いろいろなお話をしましょう。

皆さんのご参加をお待ちしております!

開催日時:2018年8月3日(金)、4日(土)  11:00~14:00
場所:世田谷キャンパス 14号館 学生食堂
※事前申し込みの必要はありません。当日、開催時間内に食堂までお越しください。

昨年の様子はこちらから

『男女共同参画室のあゆみ展』アンケート結果のご紹介

去る6月23日(土)~7月1日(日)に開催した『男女共同参画室のあゆみ展』において実施した、アンケート結果をご紹介いたします。

(1)シールアンケート『男女共同参画は推進すべきか・現状維持でよいか』
(該当する方にシールを貼っていただきました)

回答者数:57名

およそ8割の回答者から、推進すべきだと考えていることがわかりました。

 

(2)来場者アンケート
(来場者の所属/性別/展示を見ての満足度/ご意見を無記名で記入していただきました)

回答者数:24名

【その他ご意見】※抜粋
・このように展示を行い男女共同参画について考える機会がありとても素晴らしいと思う
・男女共同参画室が何をやっているところか(たくさん企画をしている)わかった
・男女ともに平等に働く社会は実現すべき
・「性別の壁を飛び越える」という今年の男女共同参画週間のキャッチフレーズが心に響いた
・男性と女性で共同でやることを展示してほしい
・性別にかかわらず理解しあえる社会になればよい
・女性は男性に煙たがられる傾向にあると思う。こうした活動で女性が上の地位について周りから認めてもらえる環境になってほしい
・図書館だけでなく、もっと大々的にやるべき

皆さんからいただいた貴重な声を、今後の活動に活かしていきたいと思います。
ご協力ありがとうございました。

『世田谷区多様性を認め合い男女共同参画と多文化共生を推進する条例』が施行されました

平成30年4月1日より、「世田谷区多様性を認め合い男女共同参画と多文化共生を推進する条例」が施行されました。これは、多様性を認め合い、人権を尊重するとともに、男女共同参画・多文化共生の地域社会の実現を目指して制定されたものです。

詳細はこちら

先日、男女共同参画室にもリーフレットが届きました。
教職員・学生の皆さんにご覧いただけますので、お気軽に男女共同参画室までお越しください。

平成30年度 男女共同参画週間キャッチフレーズの記念品が贈呈されました

平成30年度 男女共同参画週間キャッチフレーズ
優秀作品『男と女のチームプレーがファインプレー』の記念品が内閣府男女共同参画局より贈呈されました。
詳細はこちら

記念品は、先日開催した図書館企画展にて展示させていただきました。
これを励みに、本学の男女共同参画を推進してきたいと思います。

IMG_2172

男女共同参画室図書館企画展『男女共同参画室のあゆみ展』が始まりました

6月23日(土)から6月29日(金)までの「男女共同参画週間」にちなみ、世田谷キャンパス図書館にて、図書館企画展『男女共同参画室のあゆみ展』が始まりました。

本学男女共同参画室のあゆみをご紹介するとともに、これまで発行した刊行物などを展示しています。
簡単なアンケートも実施していますので、ぜひお立ち寄りください。

場所:世田谷キャンパス図書館
期日:6月23日(土)~7月1日(日)

「女性卒業生 卒業後の活躍レポート2018」を発行致しました。                                          

昨年夏、本学を卒業した女性を対象に実施したアンケート調査結果を「女性卒業生 卒業後の活躍レポート2018」としてまとめ、発行致しました。
それぞれの道で活躍する女性卒業生たちの生の声を、ぜひご覧ください。

『女性卒業生 卒業後の活躍レポート 2018』

内閣府が選ぶ、平成30年度「男女共同参画週間キャッチフレーズ」優秀作品に選ばれました。

内閣府が選ぶ、平成30年度「男女共同参画週間キャッチフレーズ」優秀作品に、応募総数3,050点の中から、本学男女共同参画室の応募作品「男と女のチームプレーがファインプレー」が選ばれました。

内閣府では、6/23~29の男女共同参画週間にちなみ、「女性も男性も、自らの意思により個性と能力を発揮して活躍できる職場を作るためのキャッチフレーズ」を毎年募集しています。

平成30年度募集テーマ :
スポーツに関わるあらゆる分野での女性の参画を推進し、様々なスポーツに男性も女性も親しみ、チャレンジし、活躍できるようになるためのキャッチフレーズ

尚、最優秀作品には、「走り出せ、性別のハードルを越えて、今」が選ばれました。

内閣府男女共同参画局サイト : http://www.gender.go.jp/public/week/index.html
メールマガジン : http://www.gender.go.jp/magazine/index.html
Facebook : https://www.facebook.com/danjokyodosankaku

活動紹介:意識改革

東京都市大学男女共同参画室は、意識改革のための活動を推進します。

・ダイバーシティに関する学内理解を向上させるための活動
・ワークライフバランスに関する学内理解を向上させるための活動
・ハンディキャップに関する学内理解を向上させるための活動

活動紹介:次世代育成

東京都市大学男女共同参画室は、次世代人材育成のための活動を推進します。

・女性教員を増加させるために
①女子受験者増加のための広報活動
②女子学生の大学院(修士)進学率上昇のための制度拡充
③女子学生における博士号取得者輩出のための制度拡充

・外国人教員を増加させるために
①外国人受験者増加のための広報活動
②留学生の大学院(修士)進学率上昇のための制度拡充
③留学生における博士号取得者輩出のための制度拡充