お知らせ

日経BP社主催「ダイバーシティ&イノベーションフォーラム~課題解決型プログラム(PBL)」に参加しました

 『日経BP社主催「ダイバーシティ&イノベーションフォーラム~課題解決型プログラム(PBL)」に参加しました』

8月9日(金)~9月4日(水)の夏季休暇期間中、本学の女子学生8名が日経BP社主催のPBL(課題解決型)プログラムに参加しました。

今年は、株式会社Quick社に課題を提供していただきました。
Quick社は、債券、為替、企業などのマーケット情報を幅広く提供している企業です。
普段、金融業界とほとんど関わりのない学生たちが、どのように課題に向き合い、最終的なプレゼンテーションまで辿り着くのか、参加学生もアテンドの教職員も期待と不安が入り混じる中、プログラムはスタートしました。

【8月9日(金) オリエンテーション】
日本橋のQuick本社にて、ひとづくり本部の安藤様、二村様から会社や事業の概要をご説明いただいた後、いよいよ課題の発表です。

 

課題:「大学生に広くMoney Worldを利用してもらうには、どのようなコンテンツ(仕掛け)を用意すべきか?」

Money World は、個人向けに、投資に役立つ方法や金融情報の分析結果を提供するQuick社のオリジナルツールです。主に資産形成や投資を目的に使用されてきましたが、今回、「大学生にどうしたら広く使用し、活用してもらえるか」を考えて欲しいとのことでした。


この日は、工学部とメディア情報学部の女子学生8名の初顔合わせの日でもありました。
ファシリテーターの原先生のサポートのもと、自己紹介と、4名ずつのチーム分けを行いました。

早速、各自のスマホでMoneyWorldを使って、自分の興味のある企業を調べたり、お互いに検索結果を報告し合い、徐々に親しくなっていきました。

 

【8月19日 (月) ワークショップ①】
Quick本社にて、いよいよワークショップを開始。アイスブレークを行った後、先ずはチーム名を決めるために話し合いました。
チーム名は「Nature」と「Global」に決定!

 

さらに、Money Worldの使用体験から感じたこと、理解したことを整理、分析し、「どうあればMoney Worldを利用するか=あるべき姿」について話し合いました。

【8月21日 (水) ワークショップ②】

 
二子玉川の東京都市大学夢キャンパスにて、チームごとに現状分析や、解決策のアイデアを出し合いました。アイデアが浮かぶと、ホワイトボードや付箋にどんどん書き出します。

 

【8月27日 (火) ワークショップ③】
夢キャンパスへ、Quick社ひとづくり本部の安藤様、二村様にお越しいただき、中間発表を行いました。

 

緊張気味に発表する学生たち

 

真剣に耳を傾けるおふたり

まだまだ粗削りな発表ではありましたが、学生ならではの柔軟な発想や提案に「最終発表が楽しみです!」と前向きな言葉をいただきました。

【8月30日 (金) ワークショップ④】
今日でワークショップは最終回。前回いただいたアドバイスも生かし、プレゼンテーション資料をまとめる作業に入りました。

白木室長をはじめとするスタッフに向け、本番さながらに、プレゼンテーションの練習をしました。ファシリテーターの原先生からは、「声が小さい」や「下を向かないで」等、発表内容への指摘だけではなく、プレゼンのノウハウも指導いただき、緊張感が走りました。

 

【9月4日(水)プレゼンテーション】
Quick本社にて、いよいよ最終発表。本番前のリハーサルでは、ポインターの使い方に戸惑ったり、原稿を修正したり、あっという間に1時間が経ちました。

 

場所を変えた発表の場には、Quick社ひとづくり本部から本部長をはじめとする大勢の皆さまにご参集いただきました。

◆チームNature「Quick Money World」

◆チームGlobal 「あ、使ってみようかな Money World」

Quick社の皆さまからは「斬新な発想で、ぜひ取り入れてみたい」や「大学生ならではの柔軟な切り口に刺激を受けた」、「パワーポイントが良くまとまっていて、分かりやすかった」など様々なお褒めの言葉をいただきました。また、質疑応答ではたくさんのご質問をいただきましたが、学生は冷静・的確に答え、数回のワークショップで得た経験を活かしていました。

緊張から解放されて、最高の笑顔を見せる参加学生の皆さん、お疲れ様でした!
このPBLの模様は11月初旬発行予定の日経Woman誌に掲載の予定です。

【御礼】世田谷オープンキャンパス『女子ランチ相談会 GIRLS TALK CAFE』にご参加ありがとうございました

8月3日(土)4日(日)の二日間、東京都市大学オープンキャンパス(世田谷キャンパス)にて女子高校生応援イベント『女子ランチ相談会 GIRLS TALK CAFE 』を開催し、厳しい暑さの中90名近くの女子高校生や保護者の皆さまにご参加いただきました。

同相談会は、本学の女子学生が、女子高校生や保護者の疑問や質問にお答えしながら、理工系の魅力、都市大で学ぶ魅力をお伝えする交流の場です。
当日は学食でのランチをともにしながら、打ち解けた雰囲気の中、女子高校生や保護者の質問に各学科代表の女子学生がお答えしました。

まだ志望学科は決まっていないけれど、都市大にどんな学科があるのか知りたい…              
志望学科は決めているけれど、授業や選択科目、研究内容について知りたい…                
文理選択でまだ迷っているので、先輩方のアドバイスを聞きたい…

質問内容は様々でしたが、進路への素直な悩みや、都市大への率直な疑問など、現役大学生だからこそお答え出来る内容も多々ありました。ご来校いただきました皆さま、誠にありがとうございました。

 

 

科学体験教室に「常夏スノードーム」を出展しました

8月6日(火)、「第18回 科学体験教室」が本学世田谷キャンパスで開催されました。

男女共同参画室では室員の杉本先生と学生5名(児童学科2年の竹村さん、寺田さん、間島さん、医用工学科4年の河瀬さん、森山さん)の協力を得て、「常夏スノードーム ~自分だけの小さな世界を作ろう~」をテーマに出展し、81名の方々にご参加いただきました。

スノードーム作りでは、家庭にある身近なものを使い、液体の変化について学んでいただきました。水とグリセリンを混ぜ合わせ、液体にとろみをつけることにより、瓶に入れたビーズやラメ、スノーパウダーの舞い方を楽しみます。配合によっても、舞い方に変化ができ、簡単に見えて奥が深いのがスノードーム作りの醍醐味です。子どもたちは真剣な眼差しで個性的な作品を作り上げていきました。

各回の終盤には、作品を机に飾りみんなで鑑賞会を行いました。お互いに眺めたり、手に取ったりしながら、子どもたちはガラスの中の小さな世界に見入っていました。

今回の出展にあたっては、何度も打ち合わせを重ね、試作品作りや買い出し、資料作りなど、大変な準備が必要でしたが、スタッフ一丸となって取り組み、多くの子どもたちに楽しんでいただけました。また、学生にとっても、教えることを通し、コミュニケーションの取り方などを学ぶ良い機会となったようです。

出展にあたり「世田谷ものづくり学校」にあるスノードーム美術館より、ワークショップのご指導を頂きました。ご協力いただきありがとうございました。

 

 

世田谷キャンパスの多目的トイレマップをリニューアルしました

多目的トイレは、車椅子対応、オストメイト(注1)、オムツ交換台などの機能を備えたトイレで、性別を問わずどなたでもご利用いただけます。
車椅子等広いスペースが必要な方、手すり・介助を必要とする方などが優先して使えるよう、ご協力をお願いいたします。

(注1)オストメイト…人工肛門や人工膀胱保有者の方のこと。オストメイト対応トイレは、排泄物等の処理をしやすい機能を備えたトイレです。

■世田谷キャンパス

詳細はこちら

世田谷オープンキャンパス 女子ランチ相談会~GIRLS TALK CAFE~開催のお知らせ

今年も世田谷キャンパスオープンキャンパスにて、女子高校生応援企画『女子ランチ相談会 GIRLS TALK CAFE 』を開催いたします!

工学部・知識工学部から、各学科の現役女子学生が参加し、女子高校生や保護者の皆様からの疑問・質問にお答えします。 学科のこと、受験のこと、進路のことだけでなく、一人暮らし、バイトのことなど、学生生活で気になることもお気軽にお聞きください。
本学自慢の美味しいランチを食べながら、楽しく、いろいろなお話をしましょう。

皆さんのご参加をお待ちしております!

開催日時:2019年8月2日(金)、3日(土)  11:00~14:00
場所:世田谷キャンパス 14号館 学生食堂
※事前申し込みの必要はありません。当日、開催時間内に食堂までお越しください。

昨年の様子はこちらから

『男女共同参画週間・図書館企画展』のお知らせ

6月23日から6月29日までの「男女共同参画週間」にちなみ、
3キャンパス図書館にて、図書館企画展を実施します。

今年のテーマは「PBLについて学ぼう~イチから分かるPBL~」です。

2014年から参加してきた日経BP社主催のプログラムの活動内容や写真を展示します。

この機会にPBLについて学んでみませんか?

<3キャンパス巡回スケジュール>
・世田谷:6月21日(金)~7月1日(月)
・横 浜:7月10日(水)~7月16日(火)
・等々力:7月18日(木)~7月25日(木)


<世田谷キャンパス展示>

ぜひ、お立ち寄りください。

「都市大 リケジョ歓迎プログラム」を実施しました

2019年3月29日(金)、日野自動車株式会社にて「都市大 リケジョ歓迎プログラム」を実施しました。このイベントは、理系学部への進学を検討している女子中高生を対象とするもので、実際に工学部を卒業した方が社会(企業)でどのように働かれているのかを見学し、進路選択の一助とすることを目的としたものです。

当日は、山脇学園中学校・高等学校の女子生徒7名、保護者2名、先生2名の計11名にご参加いただきました。
白木室長の挨拶ではじまったプログラムは、日野自動車 人事グループの難波様によるプログラムの趣旨説明と同社の事業紹介、機械工学科・伊東明美准教授による講和「女子にこそ進めたい 機械工学」と続いた後、場所を移してテクニカルセンターの見学を行いました。見学では、社員の方からエンジンの仕組みや開発・試験業務についての説明があり、クイズ形式も交えながら、最新技術を分かりやすく丁寧にご説明いただきました。

見学後には、日野自動車で活躍されている本学出身の若手女性社員の方と座談会を行う時間が設けられるとともに、難波様より女性活躍に関する制度の説明もありました。

最後に日野自動車株式会社 企画グループの今井様による閉会挨拶があり、無事にプログラムを終了しました。

上位役職者意見交換会を開催しました

2019年2月25日(月)、男女共同参画の実情や重要性を互いに再認識しあう機会とするため「上位役職者意見交換会」を開催しました。

当日は、本学の卒業生で 清水建設株式会社 人事部ダイバーシティ推進室室長としてご活躍の西岡 真帆さんを講師にお迎えし、「清水建設におけるダイバーシティ推進の取り組み」についてお話していただきました。
男性が圧倒的に多い建設現場で一人前として認められるまでの苦労や、現職の室長として社内で理解を得るまでのエピソードを披露していただいたほか、女性技術者からの声を反映した「ヘルメット」や「安全帯」の開発・導入等、多様な人材が働きやすい環境を作るための活動をご紹介いただきました。

講話後には、西岡さんも交えた意見交換も行われ、非常に有意義な場となりました。

日経PBLの成果報告会を開催しました

2019年3月15日(金)、本学世田谷キャンパスにて、日経PBLの成果報告会を開催しました。

本報告会は、日経BP社主催の「ダイバーシティ&イノベーションフォーラム〜女性が活躍する社会の実現と教育&組織変革」に参加した成果を、学内へ還元することを目的としたもので、白木室長から概要説明の後、今年PBLへ参加した6名の中から3名の学生が、体験報告のプレゼンテーションを行いました。

全学をあげたPBLの実施が予定され、多くの教職員が参加する中、学生たちは、紹介時こそ緊張の面持ちでしたが、プレゼンテーションが始まるや、次第に笑顔も見え、堂々と自信に満ちた姿でした。
報告後には、質疑応答の時間も設けられ、「グループの中の役割分担はありましたか」や「PBLの経験を学生生活に活かしていますか」など、教職員から様々な質問が寄せられ、有意義な報告会となりました。

『イクメン勉強会』を開催しました

2019年3月1日(金)、世田谷キャンパス男女共同参画室にて、『イクメン勉強会』を開催しました。
これは育児への両性の参画について、本学の育児休業に関する現状や取得方法、制度など様々な視点から意見交換をするという試みで、始めに人事課の方より規程をはじめとする本学の現況について説明があり、その後、子育てにおいて問題になりやすい点、例えば「病児保育」のことや「代替要員」について意見交換を行いました。
ここ十数年で学内だけでなく社会全体の育児に対する意識が変わってきていることも踏まえ、まずは、各自の意識を変えていくところから始めることが重要であるという認識を共有しました。


真剣に規程に目を通す一同

熱い議論の後はさわやかな笑顔

各キャンパスでランチ交流会を実施しました

昨年度に引き続き、世田谷・等々力・横浜の3キャンパスで、室員を中心とする教員と学生のランチ交流会を実施。大学院への進学を迷う学生にとって、将来の選択肢を広げる機会となりました。

2018年11月6日(火)横浜キャンパス

◆参加者:学生9名 教員9名 計18名
「大学院ってどんなところですか?」というテーマをもとに、環境学部 学部長である大塚先生や、環境学部環境マネジメント学科の木村先生、メディア情報学部社会メディア学科の永盛先生から研究内容の説明がありました。その後、スケッチブックを用いた質疑応答では、先生方から学生時代のエピソードや研究者としての興味深いお話しを聞かせて頂きました。

  

 

2019年1月16日(水)等々力キャンパス

◆参加者:学生9名 教員4名 計13名
都市生活学専攻主任明石先生は大学院の概要について話して下さいました。現役院生からは進学に至った経緯や、大学院進学のメリット・デメリットの説明、現在進めている研究や企業のインターン経験談も聞くことができました。

  

 

2019年2月21日(木)世田谷キャンパス

◆参加者:学生9名 教員4名 計13名
「大学院ってどんなところ?」というテーマのもとに、工学部エネルギー化学科の小林先生がご自身の大学院に進学したいきさつや、研究者としての忙しい日々について話して下さいました。学生との質疑応答では「大学院ではアルバイトと勉強を両立できますか?」「研究のモチベーションはどうやって保つのですか?」など、未知の世界である大学院について様々な質問が飛び交いました。また、普段なかなか聞くことのできない研究室の様子を現役院生から聞くことができました。