活動紹介


activity-report_title

東京都市大学 男女共同参画室は、
「共に学び」「共に働き」「共に築く」
都市大スタイルを目指し、4つのPjに取り組んでいます。

 

minnade1男女共同参画室体制の整備、学内ニーズの掘り起こしと認識共有および学生・教職員への意識啓発を目的として、活動を行います。この活動により、学生・教職員の男女共同参画への意識を高め、男女が共に、快適で過ごしやすい大学を作っていきたいと考えています。

共同参画みんなでつくる意識・環境PJへ

plus1日本の研究者に占める女性の割合は、欧米先進国に比べるととても低い状況にあり、女性研究者を増やすことが大切であると考えられています。本学の男女共同参画室では、女性研究者の増加とともに、昇進および大学運営における女性の参画促進を目的として、活動を行っていきます。この活動により、本学の女性研究者がどの研究分野においても男女均等な待遇と公正な評価によってその職を継続できるような風土を作っていきたいと考えています。
また、前身の女性研究者支援室の開設以来、女性研究者の研究活動の継続を支援・維持することを配慮し、室員による相談体制を整備しています。

女性研究者+アクションPjへ

work-life1学内のワークライフバランス関連の規則・環境の整備を行います。また、学生や高校生に、女性卒業生が社会で活躍する姿を示し、将来をイメージする機会を作る活動に力を入れていきたいと考えています。この活動により、本学で働く人たちが仕事と家庭を両立できる環境を整え、そうした環境の中で学ぶ学生が男女問わず、結婚・出産・育児などのライフイベントを迎えた時に社会・職場・家庭で立ちはだかる壁を乗り越えられる人間、手を差し伸べられる人間に育ってほしいと考えています。

[働く」「暮らす」を考えようPJへ

rikejyo1女子の理工系分野への進学者は、男子と比べ圧倒的に少ない現状がありますが、今、社会では理工系分野に女性の感性や視点が求められています。武蔵工業大学を前身とする東京都市大学においても理工系学部に女子を取り入れることで、女性の社会進出に貢献したいと考えています。また、科学体験教室を通して、次世代の理系進路選択者を増やすことを目指して活動を行います。こうした科学体験教室などの活動に学生が主体的に取り組むことで、学生が社会との接点を持ち、学生自身の成長の場としても活用されています。これらの活動により、社会で活躍する理工系女子を増やし、育てていきます。

伸ばそう「リケジョ」PJへ

others14つの取り組み以外の、東京都市大学の情報や外部情報などの様々な情報を発信していきます。

その他へ