ご挨拶

introduction_title

学長挨拶

東京都市大学 学長 三木千壽

男女共同参画は日本国憲法第14条の「基本的人権」によって保証されるものです。

その実現のために世界各国ともに種々の苦労を重ねて来ましたが、この20~30年の間に大きな進歩がありました。障害を乗り越えた鍵となった展開は、欧州でも米国でも“positive action”のしかけが明文化され、組織単位の規則として実行に移されることであったと思います。男女共同参画の観点において、我が国は遅れていることを認識し、先進国を見習うことが大切です。

本学においても“positive action”のしかけを構築し、女性研究者が研究分野においても男女均等な待遇と公正な評価によってその職を継続できるよう、環境を整えていく必要があります。女性研究者支援の取り組みを行うことで、自ずと男女共同参画の意識を持った学生たちに育つことでしょう。東京都市大学が、私立大学の中で、男女共同参画のモデル校となるよう活動を行っていきたいと考えています。

東京都市大学 学長 三木千壽

室長挨拶

okada日本における女性の参画は徐々に増加していますが、他の先進諸国と比べると低い水準であり、むしろその差は拡大しています。21世紀の日本は、女性の力をもっと引き出し、活躍の場をつくり、元気でいきいきと活躍することで、社会全体に活気が生まれます。

本学は、2009年度に文科省科学技術振興調整費に採択され、「女性研究者支援室」を開設して事業を進めてまいりました。男性主体の理工系風土を女性が働きやすく学びやすい環境を作るために、5つのプロジェクトを立ち上げ、結果女性研究者は9.5%から16.7%に増加しました。さらに教職員の男女共同参画への意識も徐々に変化してきたように思えます。

今年度は、文科省の支援を離れ、「男女共同参画室」に室名を変更して、スタートしました。大学が男性も女性も助け合いながら自分の能力を十分に活かして、仕事や研究が出来る環境であれば、そこで育つ学生も自然と男女共同参画の意識も育っていくと思います。

「共に学び、共に働き、共に築く」東京都市大スタイルの若者を社会に輩出することができます。このサイトでは、本事業の実施内容や検討事項など随時お知らせしていきたいと思います。

今後とも、男女共同参画室の活動をご支援ください。

東京都市大学 男女共同参画室 室長 岡田往子

10 私立大学学長 共同宣言

  1. 私たちは、教育・研究・就労の場における男女共同参画を実現するために、全学をあげて、教職員・学生などの人的構成の男女格差を是正し、大学運営の意思決定における男女共同参画の実現をめざします。
  2. 私たちは、各大学の教職員・学生等が、出産・育児・介護と教育・研究・就労を両立させることができるための効果的で具体的な措置を講じます。
  3. 私たちは、男女共同参画社会における学問・研究が世界をリードし地球的規模で生ずる様々な問題の解決のために大きく寄与するものであり、かつ、男女共同参画の実現が多様な生の生存にも貢献するものであることを自覚しつつ、今後とも、新たな社会の創造に向けた知の結集・国際性豊かで優れた人材の育成をめざします。
  4. 私たちは、学術分野での男女共同参画を強力に推進するために、女性研究者の積極的採用、キャリア形成支援、育児・介護等と研究・教育の両立支援などについて、私立大学としても社会に貢献する重大な責務と認識し、その実現に向けて真摯に努力します。

 

【 共同宣言大学 】

東京女子医科大学・日本女子大学・早稲田大学・日本大学・東海大学・慶應義塾大学・津田塾大学・東邦大学・東京都市大学・上智大学