男女共同参画室について


about_title東京都市大学は、平成21年度文部科学技術振興調整費「女性研究者支援モデル育成」において「工学系イノベーションの男女共同参画モデル」のテーマで、工学系私立総合大学として初めてモデル校として採択されました。

平成21年度から23年度までの3年間は、女性研究者支援室として、研究環境の整備や意識改革に取り組み、女性研究者が研究と出産・育児等を両立し、その能力を最大限発揮できる仕組みを構築する活動を行い、平成24年度からは室名を男女共同参画室とし、男女が活き活きと学び、研究する環境づくりを目指してまいりました。

本学が目指す「国際都市東京で存在感を示す有数の私大」となるためには、国籍や民族・文化や宗教を超えた理解の輪を広げることが前提であり、LGBTに代表されるマイノリティーへの配慮、ハンディキャップを持つ方が不自由なく過ごせるキャンパス環境づくり、さらには、真に女性が活躍できる体制を作っていくことなど、様々なかたちで存在している「ボーダー」を「超えて」、誰もが等しく学び、成長し、高めあうことができる大学をめざして、教職員と学生が一体となって取り組んでいくことが求められています。

これらを推進していく上で、まず乗り越えなければならない「ボーダー」とは「ニーズがないからやらない、取り組まなくともよい」「今までやらなかったから、これからもやらなくていい」という、我々自身の心の奥底にある「気持ちのカベ」です。これを受けて、今や、我々には「ボーダーを越え、障壁を取り除くことで、誰もが学べる環境を作る」という気持ちへとスイッチせねばならないことが切に求められています。

今後、男女共同参画室では、男女共同参画をも包括したダイバーシティ実現に向け、事務組織の支援を受けつつ、これまでの参画室の個別の活動だけでなく、全学的な活動・取り組みに広げ、学内の関連部署や委員会に提案し、ダイバーシティ推進していくことに転換を図ります。